かででん

スマートフォンやパソコンなどの家電製品の使用感や感想をレビューするブログ

【自動車】アイドリングストップ機能の真相とは?

最近は環境保護の声が高まったこともあって、自動車など排気ガスの排出抑制がメーカーにとっての目下の課題。原子力発電も環境悪化の原因の一つですから、クリーンな環境エネルギーの生産が急務。

 

とはいえ自動車がガソリンエンジンを搭載しなければいけない時代は、まだまだ数十年は続くと考えられます。そこで最近は標準装備化されてるクルマの機能といえば、やはりアイドリングストップ機能。

 

一時期アイドリングストップはテレビといったメディアで盛んにうるさいぐらいに喧伝されましたが、自動車は走行しなくてもエンジンを付けたままだと排気ガスが出ちゃう。盗難の恐れもあるためコンビニなどに一時的に駐車して…みたいな例は少ないとは思いますが、やはり信号で停止中にエンジンを付けっぱなしにする人が大半でした。

 

でもアイドリングストップ機能があればクルマが停止(停止する数秒前から)エンジンを自動的に止めてくれる。結果的にガソリン消費量も減るため、クルマの燃費性能も実際に向上します。

 

ただ実は「アイドリングストップ機能はエコじゃない」という説がまことしやかにささやかれています。

 

その詳しい真相については自動車ブログ・カーギークの「アイドリングストップ機能は本当にエコなのか?」という自動車記事を御覧ください。他にもカーギークでは最新フルモデルチェンジ情報など新型車に関する役立つ情報もたくさん掲載されています。