読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かででん

スマートフォンやパソコンなどの家電製品の使用感や感想をレビューするブログ

【感想・評価】エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタンのレビュー 【口コミ・使用感】

パソコンのマウスが1年1回ぐらい定期的に壊れるので、今回は少し趣向を変えてトラックボールマウスを購入しようかと考えました。でもトラックボールマウスはどうしても価格が割高。またデザイン的にもやや冒険し過ぎの感があります。自分のような貧乏人だと、もし扱いにくいなど失敗した場合がリスキー。

 

そこで一般的なマウスタイプにトラックボールを加えた「エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン ブラック」というトラックボールマウスを購入してみました。今回は「エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン」の使用感と感想をレビューしてみました。

 

 


【スポンサーリンク】

 

 

 

 

基本的に使いやすいトラックボールマウスでおすすめ

結論から書くと、「エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン」は思ったより全然使いやすい。

 

最初は親指だけで動かすので操作に戸惑ったものの、慣れる内にすっかり体に染み付いてしまった。親指の腹ではなく、第一関節と第二関節の間にボールを収めるとちょうどいい。設定画面からマウスポインタの速度を細かく調節する必要はあるものの、自分にとっての最適解が見つかるはず。

 


【スポンサーリンク】

 



 

またボタンも6個用意されてるので、この割当も無難に便利。Windows10にしたことでかざぐるマウスというアプリが使えなくて困ってたんですが、ボタン6に「ウィンドウを閉じる」を割当チルト左 or チルト右に「左Windows+D」を設定することでウィンドウ全閉じを割当。かえって前より使いやすくなった感があります。

 

f:id:dorj-robinson:20170119132525j:plain

トラックボールも真ん丸の球体だから、どこかに引っかかることもなく、スムーズにマウスポインタを移動させることができます。

 

エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン」は良い感じにドッシリと重量感もあって、安定感が抜群。意外と変に奇をてらってる部分が少なく、どんな初心者にも基本的にはおすすめ。もし最初にトラックボールマウスを買うのであれば、まず「エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン」で試してみるのがおすすめ

 

更に個人的にはクッション性の高い「低反発リストレスト付きマウスパッド」も同時に買っておくと、更に手首への負担は激減するでしょう。自分は両方同時に使ってるんですが、この相性が見事にバッチリ。

 

f:id:dorj-robinson:20170119132527j:plain

強いて言うなら、「エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン」はゴミ(手垢)が溜まりやすい。画像はボールをコロコロとスムーズに動かすために、点で支えてる部分。画像からは見えませんが、合計で汚れやすい部分が3箇所ほどあります。当然トラックボールの動きが悪くなります。

 

 


【スポンサーリンク】

 

 

 

 

どうしてもトラックボールマウスはマウス本体を動かさずにボールを動かすので、ボールに直接指が長期間触れてしまう以上、普通のマウスよりも汚れやすいらしい。使う頻度によっては週1程度で掃除しなきゃいけないかも。これは悪い意味で意外でした。

 

綿棒だとサクッと取れるので苦にはなりませんが、問題点があるとしたらそれぐらいかな。基本的には何度も言うようにおすすめ。自分は他にも漫画ブログのバズマン。自動車ブログのくるまン。なども運営してるんですが、記事の生成には過去の一般的なマウスより効率がアップした気がします。

 


【スポンサーリンク】